何とか染みの見た目を防止しようとしています

汗っかきの自分が夏に行っていた事についての体験談です。自分は汗っかきで夏になるとその対策でひと苦労します。一番の対策としては外に出ずクーラーの効いた家にずっといることなのですが、そういうわけにはいきません。自分が汗をかく場所は顔以外の上半身です。背中、胸、腕、脇が特に多いです。

汗っかきの様子ですが、夏は全身から汗が噴き出るのですが、半袖を着ているので布で覆われているところは汗染みが、覆われていない腕は玉のような汗が垂れます。公共の場所などではそれが気になって仕方ありません。見た目も気になりますし、臭いも気になります。自分としてやっている対策は脇汗取りパッド付きの下着を一枚Tシャツや半袖シャツの下に着ます。それで何とか汗染みの見た目を防止しようとします。

あとその替えの下着も常備しながら移動しています。それから制汗スプレーを出かける前に入念に使用し、脇にはロールタイプのものを使用します。移動中もスプレーをトイレとかで使ったりします。腕の汗にはシートタイプの汗ふきを用いてふき取ります。顔にもそれを使います。そういった類を駆使しながら汗をかかないようにして移動し、後は帰るのみの状態になるまで一日がんばって対策をしています。

ワキガを治す方法